Jan 05
2014

臨床開発モニターとして求められること

臨床開発モニターの仕事は、CRO業務と呼ばれる作業で、医療機関などへ出向く出張も多い仕事です。

治験を行う際、GCPと言われる医薬品の臨床試験実施の基準に合せて、文書の作成が義務付けられているため、必須文書の作成などの作業も多くあります。

臨床開発モニターも、モニタリングの報告書を提出する中で、提案を行いながらクライアントとの間で、検討しあい、合意の上で品質アップを心がけたり、臨床開発モニターのチーム全体でプロジェクトを進行しながら、プロジェクト管理を行うといった、総合的なアプローチが必要になってきます。

スタッフの中には、薬剤師、医学博士、臨床検査技師、衛生検査技師、上級バイオ技術者といったさまざまな資格保有者が集まる職場です。

出張が多いだけでなく、クライアントと医療機関の間に立つ立場の臨床開発モニターには、コミュニケーション能力と社会人としてのマナーが強く求められるのも特徴的でしょう。

関連サイト紹介・・・http://www.tokyo-acet.or.jp/

This entry was posted in 適性・能力. Bookmark the permalink.

Comments are closed.