Nov 19
2013

臨床開発モニターで、新薬を世に送り出す役割をする

臨床開発モニターは、薬剤師の資格を持っている人に有利な仕事でしょう。

ニーズも高く、求人も豊富にあります。

薬剤師が薬剤師以外の求人を探すときに、人気ナンバーワンの職種でもあります。

臨床開発モニターの仕事は、臨場試験でGCPといわれる新薬開発に関する法律や、臨場試験計画書の内容にそって、正しく実施されているかどうかを確認する目的で、モニタリング業務全般を行います。

薬剤師の年収と比較して、臨場開発モニターは高額になる傾向もあり、その点からも人気が出ています。

新薬を世に送り出すまでの、進行管理をする仕事です。

新薬を開発するには、長期間にわたるデータの収集が必要になります。

最低でも20年とも言われる長い時間です。

多くの人がかかわり、膨大なデータの分析が行われています。

臨床開発モニターは、そんな新薬開発の計画通りに進める上で、重要な職種になります。

進行管理役とも言える重要な役割です。

既存の治療薬では完治されない病気と闘っている多くの患者のために、新薬を世に送り出すというやりがいの感じられる仕事です。

大学での薬学や自然科学の専攻、英語力、医薬品開発に関する規制要件一般の知識などは、臨床開発モニターに求められる知識や経験といえるでしょう。

This entry was posted in 仕事の概要. Bookmark the permalink.

Comments are closed.